スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくらん

デイサービスの喫煙室に、立ち込める紫色の煙。

男が3人で会話をしている。

3人の内、1人は僕。残りの2人はご利用者。

男3人が集まってする話は、そう、遊郭(注)の話です。笑

Aさん:「トモナヲさんは、遊郭を知っちょるか?」

友直:「いえ。よく知らないんですよ」

Bさん:「ワシの初体験は遊郭でじゃった。遊郭というのはだな…」


…と、盛り上がる3人。

『さくらん』で、遊郭の予習をしておいて良かった!

驚くことに、Aさんには認知症状があり、帰宅願望が強い人なのだが、エロい話にはのってくるではないか。

エロい話が年の差を越え、認知症さえもものともせずに、3人の絆を作ったのでした。


Aさん:「昔の性はおおらかだった…」

○○さん。僕もその時代に連れて行ってください!笑




注:遊廓(ゆうかく)とは、公許の遊女屋を集め、周囲を塀や堀などで囲った区画のこと。

さくらん - Wikipedia
スポンサーサイト

テーマ:介護の仕事日記 - ジャンル:福祉・ボランティア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。